パッケージを導入する前にはFit&Gapが必要です。

システム入れ替え、新規システム導入を行う前に…

自社のシステムに必要な事項、業務フロー等を洗いだし検討しているパッケージがFITしているか、不足・問題点GAPを洗い出す必要があります。

まずはなんでもよいので項目を出してみましょう

販売仕入在庫システムを例に例えると

・扱い商品品目数及びコード体系は?

・商品コードが同じでもロット、種別単位に在庫管理できるか?

・積送(倉庫間)移動による在庫管理はできるか?

・商品を加工した際に別商品としての在庫管理ができるか?

・EDIによるデータ交換を自動運転できるか?

・汎用伝票による安価な伝票を使用できるか?

・業種特有の仕入即売上計上できるか?

・消費税率はマスター等にて適用開始日付にて運用できるか?

・軽減税率が導入された場合、商品個別に税率が適用できるか?

・請求時には、帳端が適用できるか?

・相手先指定の指定伝票に対応できるか?

・複数事業所(広域ネットワーク)での運用は可能か?

・権限レベルでの利用は制限できるか?

・財務会計システムへの仕訳伝送は人を介さず自動運用可能か?

・自社特有の運用はないか?カスタマイズが必要か?

・年間保守費用は?

等々様々な要因が列挙されるはずです。

世間には安価なシステムが多数存在しておりますが、パッケージ適用にはFit&Gapが必要となります。

株式会社RKコーポレーションでは、各種ITに関わる問題をお客様とともに最善の施策をともに考え発展していきます。。